ネキシウムを飲んでいる人の服用のきっかけ

ネキシウムを飲んでいる人は意外に多いものであり、日本社会で生活しているとしばしば必要になってしまうことがあります。
その飲み始めたきっかけとしてあげられるものには二つあります。

一つはピロリ菌の除菌を行いたいという希望がきっかけとなったものです。
日本では多くの人がピロリ菌に感染してしまっているとされています。
ピロリ菌に感染していることによって胃がんのリスクが上がるなどの様々な健康リスクについての理解が深まってきたのが現代であり、自分にもピロリ菌が感染していてそのリスクがあるのではないかと考える人が多くなりました。
そう考えて検査を行ってピロリ菌に感染しているとなるとネキシウムを含んだ三剤投与によってピロリ菌の除菌を行うようになります。
これがネキシウムを飲んでいる人の典型的な例の一つです。

もう一つは胃の不調によるものです。
胃痛が続いたり、消化不良が続いていたり、さらには未消化便が確認されたりと、消化器系に異常を感じて医師を受診するということがよくあります。
その結果として胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発見されてネキシウムが処方されることになるということが頻繁にあります。
プロトンポンプ阻害剤として機能する胃潰瘍の治療薬として有効性の高さが知られているのがネキシウムであり、好んで処方する医師が多くなってきているからです。
胃潰瘍の原因の一つとして慢性的なストレスが知られており、ストレス社会とも呼ばれる現代日本社会では胃潰瘍に悩まされる人も多くなっています。
そのため、胃痛などが原因で病院に行き、ネキシウムを処方されていつも飲んでいるという状態になってしまっている人がしばしばいるという状況になっています。